はぐはぐにおてまみ すきーのうらへや
はぐはぐんちへGO   ちゃのまへGO   たまてばこへGO  
技術選・アニバ DVキャプチャ 試乗会 オフ会   いろいろ


ATOMIC 2002年モデル試乗会 2001.2.14〜2.15
〜 白馬ハイランドスキー場 〜

状況 14日
   試乗は午後からのため,日差しで多少やわらかくなった斜面
   14:00ぐらいまでの状態はよく,テストには絶好
   夕方の冷え込みでバーンが滑りにくくなった
   急・緩・急・中といった1本の縦長の斜面
   途中の緩斜面がのぼりになる感じで,効率は良くなかった
15日
   午前から試乗.いい感じのハードバーン
   圧雪の悪い部分が多く,"からあげくん" がごろごろしてて
   大回り系は,かばって手をすると,痛かった
   1日中,小回り幅程度のいい部分が残っていて,条件は良かったので
   "かばしょう" (エクストリームカービングショート)には最適
   めいっぱい,滑り倒して試乗出来て,大満足
ひとこと がみ談 -----
   お勧めなのは、ARC Ambition 155cm(R12.6)。
   えっっと思うかもしれないけど、なにも大げさでもなく、
   この長さで今の170cmぐらいの安定感がある。
   かば的には、これ1本ですべての条件をカバーできる。
   基礎的にも、小回り〜中回りを十分こなせる仕上がり具合。
   で、この板の171cmはまるでメーターの板をはいてるような感じ。
   総合斜面をかっとぶとかなら、この選択もあるけど、
   急斜面小回りとかは、まったく扱いきれない。
   検定などだと大回り・小回りで2本必要になるんだろうね。。。
   あっ、急斜面小回りとかずらしが必要なケースだと、
   この手の板はつらいんで、Respectionの170cmも必要かな。
   これねぇ、実は扱いやすくって、いい板だよぉ〜〜〜
   ってことで、3本 (‥;)
はぐ談 -----
   個性化、目的化がはっきりした、2002年モデル。
   自分が何をしたいか、どういった滑りを目指すか、
   これがはっきりしていれば、選ぶのは簡単だと思う。
   どの板も、ポテンシャルが高く、十分に満足いく出来になっている。
   その中でも、やはり、ARCシリーズは、興味をそそる板に仕上がってる。
   自分としては、9.18と、ARC Ambition がいいかなぁ。
   ARC Ambition に関しては、
   決して簡単に乗りこなせる板ではないと思うけど、
   9.12ほどの扱いにくさはないので、
   慣れれば、面白く感じられるのでは、と思う。
   返りの早さに慣れればってところかな。
   9.18に関しては、もう文句の言いようがないくらい
   否のない板に出来上がっていると思う。

βarc   技術と感性の追求

βCARV   ピステを気ままに滑走

βRACE   勝つことが楽しい

SmartZone   すべての楽しさの追求に最適

FreeZone   飛躍・跳躍・バックライド

Ride   SKI-Crossの王者

etc...   




メニューへ戻る