はぐはぐにおてまみ すきーのうらへや
はぐはぐんちへGO   ちゃのまへGO   たまてばこへGO  
技術選・アニバ DVキャプチャ 試乗会 オフ会   いろいろ


500mile試乗会 2000.3.18〜3.19
〜 乗鞍高原温泉スキー場 : 試乗した板たち 〜

状況 18日
   春先とは思えないしまったバーンで,今シーズン中でも最高の条件であった.
   連休初日の土曜日なのに人が少なく,試乗にはもってこいだった.
19日
   朝はまずまずの状態.
   昼前から水分を多く含んだ雪が降り続き,
   試乗には難しい条件になってしまった.
ひとこと がみ談 -----
   名古屋のスキーショップ500mileの試乗会には
   かなりの数のATOMIC他の板が持ちこまれた.
   今年は標準プレートの出来がよく,かば木付きは用意されなかった.
   名古屋だけでなく,関東方面・関西方面からもかなりのかざさんが終結.
   シーズンの目玉的な行事になりそうである.
はぐ談 -----
   アトミックのデザインが,スケルトンを効果的に使うことでとても良くなっている.
   標準のプレートも、なかなかいい出来で、このままでもいけちゃうのでは?
   かば木ももちろん、付けるとどうなるか、非常に気になるところだけどね.

ATOMIC Free Zone 9.10 (160cm)
 がみ -----
   かなり柔らかく,軽い板である.
   緩斜面で思うように倒せるし,内足ターンも楽ちん.
   エッジの感覚を養うのに非常に余裕を持ってでき,
   緩中斜面でのかばレッスンには最適.
   ただ,スピードが高くなったり,急斜面で急激な
   パワーが加わると板が負けてしまい,不用意に
   板全体が横ずれしてしまう感じで,気持ち悪い.
 はぐ -----
   Rも小さく,すぐにかばできる感じの板.
   テールがずらしやすいので,初心者や慣れていない人
   にとっては,安心して乗っていられる感じだった.
   これが,もっと滑り慣れたかばさんには,
   すっとはずれてしまう感覚があって,
   気持ち良さを半減してしまい,面白みに欠けるのかも・・・
   150cmの方は,かばレッスンには適しているんだけど,
   スピードをだすと,やはり安定感に欠け,
   くるくると回りすぎる印象が強くなる.

ATOMIC Free Zone 10.11 (160cm)
 がみ (170cm) -----
   かば板として,9.11から正当に進化している.
   フレックスが柔らかくなった分,たわませて滑ることができ,
   ターン後半から切り替えにかけて,板の抜けが良くなった.
   板自体が強いので,緩中斜面でも,急斜面でも
   思う存分,かばな滑りを堪能できる.
   トーション自体は強いので,ターン後半の切れあがりで
   恐怖感をもつレベルであれば,9.10の方がいいと思う.
 はぐ (160cm) -----
   イメージは,従来の9.11と変わらないけど,
   相当に、扱いやすく変化している.
   重い硬いといった印象はのこっているが,
   非常に乗りやすくなり,
   たわみもきれいに出せるようになっている.
   デザイン・色はとてもいい.

ATOMIC Beta Carv 9.14 (170cm)
 がみ -----
   99モデルに比べ,しなやかになったと思う.
   大回りでは,雪面に張り付く抜群の安定感と
   条件変化に負けない強さを持っている
   意外に小回りの感触がよく,9.18に比べて
   軽快なおだやかな返りが味わえ,小気味よい.
   全体的に,非常にいいバランスで仕上がっている
 はぐ -----
   より,しっかりした出来上がりって感じ.
   大回り小回りともに,とてもやりやすかった.
   安定感もあり、バランス的に重量感も感じられ,
   なかなかいい板だと思う.

ATOMIC Beta Carv 9'16 (170cm)
 がみ -----
   いい意味で乗りやすくなってはいるが,
   じゃじゃ馬的な感触がなくなった.
   踏むポジション位置を多少はずしても,
   すっぽ抜けることがなくなったので,とても
   扱いやすく,ユーザー層がぐっと広がった感じ.
   また,大回り系での板の安定性向上には
   目を見張るものがあり,基礎で言う総合滑降レベルの
   スピードでもぜんぜんぶれたりせず,
   小回りから大回りまで,なんでも170cm1本でこなせる
   かなりお勧めの板である.
 はぐ -----
   今年のに比べると,格段に操作がしやすくなっている.
   でもやはり、レースの板なのか,
   走り出すと止まらないって印象.
ATOMIC Beta Carv 9.18 (170cm)
 がみ -----
   99モデルに対し,おとなしく感じた.
   大回り系での雪面とのコンタクトがいい持ち味は
   相変わらず変わっておらず,非常に安定している.
   小回り系では,すこし反応が鈍く感じられた.
   9.14と個性が明確に分かれてきているのかもしれない.
 はぐ -----
   相変わらず,操作のしやすいイメージは,いい.
   さらに,安定した操作性になっているが,
   逆に,それが,平凡といった印象にも繋がっている.
   160cmの場合は,スピードが上がると
   気持ちよさがなかった.

ATOMIC Beta arc Type3 (160cm)
 がみ -----
   基礎板としてはちょっと柔らかく,
   高速域での挙動が不安定であり,小回りの反りも頼りない.
   かば板としては,160cmと170cmではまったく別物であり,
   160cmの方が断然楽しい.170cmは取り回しに苦労した.
   高速域や急斜面でもまったく負けない強さがあり,
   9.10のように横ずれが出ることはまったくない.
   ターン後半,トップがどんどん切れ上がっていき,
   そのターン弧に合わせてテールも負けずについていくので
   快感度の高い,かば滑りが可能.
   910,10.11,Type3での自分的なベストは,Type3.
 はぐ -----
   Rから言うと、10.11や9.10と同列なんだろうけど,
   一番エッジの食いつきが良く,
   遊ぶにも,検定などにも両方に向いてる板と言える.
   自分の意志で操作する感覚が養えるのでは.

ATOMIC Beta arc Type1 (170cm)
 がみ -----
   9.18を軽やかにした感じ.
   ターン後半に切れ上がって行く感じはすばらしく,
   また,意識してテールを逃がすこともできるので,
   安心して使える仕上がりになっている.
   板自体は結構強いので,硬い雪でも,新雪でも
   荒れた雪でも,シチュエーションを選ばない.
   小回り・大回りも自由自在である.
 はぐ -----
   基礎的に滑った場合,カービング,ずらしと言った操作が
   とてもしやすい仕上がりになっている.
   きれいなたわみがでるので,ターンもきれいに仕上げられる.
   また、かばった場合,条件が良ければ倒すこともできるし,
   スピードにも強いので,何でも出来ちゃうって感じだった.
   お気に入り (^-^)

DYNASTAR SPEED CARVE
 がみ -----
   むちゃむちゃ気持ちいい大回りが可能な板.
   斜面の状況に関係なく,雪面を離さない安定感があり,
   どっしりとした重厚な滑りが可能.
   かなり良く出来たGS板という感触.
   小気味よい小回りは出来ないが,
   縦長にゆったりしたリズムをとればなんとかなる.
 はぐ -----
   大回りがこれほど気持ち良いとは
   イメージしたターン弧で,キュイーンといけてしまう
   気持ちよさがある

HEAD Cyber Xti (160cm)
 がみ -----
   99モデルで得たような,たわませてターンできる
   と言う感触が,影を潜めていた.
   トーション・フレックスともに硬く感じる.
   9.11的な板になってしまったようだ.
 はぐ -----
   昨年に比べ,デザインが地味になっている.
   かっこよさがなくなって,残念.
   板のほうは,乗りやすさは,変わっていないが,
   昨年ほどの好印象はなくなっていた.
   乗っていて,頼りない印象が残った.
   しかし,かばするには,いい板だと思う.

ATOMIC Boots
   2000シーズンは限定販売だったATOMICブーツ
   2001シーズンは,10.90だけでなく,
   ぐっとラインナップが増える.

ATOMIC Boots
   モデルによってスケルトンの色が違う.
   インナーやリアスポイラーの形状も異なる.

ATOMIC Boots
   マンちゃんの凶悪な板を履いた
   がみ丼の足&限定ブーツ.


メニューへ戻る